こだわりあるマイホームづくりがしたい│不動産業者にしっかり相談

積み木
  1. ホーム
  2. 競売はデメリットが大きい

競売はデメリットが大きい

積み木

返済が楽になる

家のローンを滞納して3ヶ月〜6ヶ月経過すると債権者が金融機関から保証会社に移行します。保証会社はローンの一括返済を求めてきて、それに応じることができないと家は競売にかけられます。もしも競売にかけられる前に専門家に相談して任意売却の手続きを取っておけば、借金の返済額を減らすことが可能です。競売と任意売却では家の販売価格が大きく違います。競売は任意売却で売る金額の7割程度の値段しかつかないため、家を売却してもローンがかなり残ります。しかし任意売却の場合には適正な価格で販売できるので、ローンは残るものの額は減らすことができます。また債権者との交渉しだいで引越し費用などを家を売ったお金から出すことができるようになります。また競売にかけられることが公表されると、ローンが返済できなかったことが周囲に知られてしまいますが、任意売却の場合には通常の家の売却と何も変わらないので周囲に知られても安心です。任意売却の相談を専門で受け付けているところも少なくありません。弁護士や司法書士、不動産鑑定士などがチームを組んで相談を受け付けているところもあります。任意売却を考えている人は相談費用が支払えないと悩んでいる人もいますが、無料で相談できるようになっています。また任意売却にかかる費用も債権者との交渉しだいで出してもらえる事もあるので、まずは相談してどういった解決方法があるのか確かめてみた方が良いでしょう。